治療塔

著者 : 大江健三郎
  • 岩波書店 (1990年5月24日発売)
3.10
  • (0)
  • (5)
  • (12)
  • (3)
  • (0)
  • 46人登録
  • 9レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000013604

治療塔の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 死ということ、宇宙に行って帰ってくるということ。
    この一見遠いものがなぜか、この作品では近くにある。
    地球を捨てて「新しい地球」へ「大出発」する時代、リっちゃんは「選ばれし者」としては行かず、「残留者」となる。
    SFと書いてあるが、筆者独自の死生観や価値観が主になっている気がします。
    「世界宗教」混沌とした地球を包むもの。そういう団体も出てきます。
    その祈りの言葉は

                           
                            。

  • このSFと銘うたれた作品も、まぁ別にSFってわざわざ言うほどのものでもなくて、結局はいつもながらの大江健三郎の小説となっている。
    大江健三郎の作品って読むとどうも違和感を感じてしまうのだが、どうにも読まずにいられないというか。
    何に違和感を感じるのかというと、おそらく60年代から70年代くらいの全共闘の時代の空気をそのまま引きずっているような感覚であろうか。それは決してノスタルジーという意味ではなしに。
    でも。なんか読んでしまうんだなぁ。なんでだろうね。
    本書は人類が地球の環境が破壊され宇宙に移民したものの、行った先の環境も過酷で戻ってきたという話。そして、行った先にあった治療塔というものと、イエーツの詩を絡めてウンたらって話。
    何か治療塔とかはどうでもよくて、先にイエーツがあったんだろうとか思ったり。そのテーマならダン・シモンズが「ハイペリオン」ってもっとスマートにSFしているんだがなぁ。
    ここがSF作家と純文学作家の違うところでしょうかね。

  • 最初、治療塔惑星との区別がつかず、読んだ本をまた借りてしまったと勘違いした。こちらが前編の位置付けなんですねぇ。

  • この本がおそらく、読了した初めての大江健三郎の小説だと思う。達成感があったな。

  • これを読んだ当時は、「ナニ言ってんだ、この年寄りは?」って思ってた。

    だけど最近、最先端の技術研究をしている東大の教授が「よく年配の方から『安全性については考慮しているのか?』とか聞かれるんだよねぇ」みたいなこと話してたの聞いて、なんとなく何が言いたかったのかが分かったような気がする。

  • 大江作品で個人的に一番読みやすかったです。

  • 06.12.15発想、展開は面白いんだけどなんかすごく消化不良…。でも好き。そして近未来なのにソヴィエト健在なことに衝撃。

  • 中学生の頃、何度も読んだ。いったいこの寓話が何を表しているのか知りたくて。

  • 何だったの?これ。今の私には分からん。それで人類はどうなってしまうんだ。この人の他の本も読まない分にはどう考えていいのか悩んでしまう。面白い発想だとは思うけど。年老いて滅んでいく種と、若返って胎内にまで戻り結局存在しえなくなってしまう種。その混血の子がどうなるのか知りたかったよ、私は。ほわーっとしたSFだな。システムを気にしない。何かを含んでいるようなんだけど……残念よ。分かんない。'90

全9件中 1 - 9件を表示

大江健三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大江 健三郎
J.L. ボルヘ...
村上 春樹
村上 春樹
安部 公房
ウンベルト エー...
綿矢 りさ
有効な右矢印 無効な右矢印

治療塔はこんな本です

ツイートする