使い捨てられる若者たち―アメリカのフリーターと学生アルバイト

制作 : Stuart Tannock  大石 徹 
  • 岩波書店
3.11
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000014007

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 結構日本と似ているところも多くて興味深かった。いつでも若者たちは社会から疎外されている・・・

    ファーストフードやスーパーでのアルバイトの日米の類似点として、例えば低賃金・単純労働・意地悪なマネージャー・若者の多くが一時的な仕事としてみなしていること・労組が若者にとって有効に機能していないことがある。

    でも大量生産・大量消費社会が続く限り、また皆が合理化・効率化を求める限り、こういう底辺の仕事はなくならないだろう。

  • この本はアメリカにおけるフリーターや若者がするユースジョブ、腰かけ仕事について書かれている。多くの若者が、目の前の賃金ほしさに飛びついたはいいものの、気がつけばそれ相応の年齢になっているにもかかわらず、とくと技能がついていないということがある。家庭の事情によりそうせざるを得ないことを除けば、それは社会のため、会社のためになるにせよ、賃金のアップや昇給がないため、はっきりいってしまえば自分のためにはならない。日本においても学生や主婦のアルバイト、パートはいるものの、独り立ちした大人がそれでは、確かに世間的にも冷たい眼差しが突きつけられる。企業がコストを安く抑えるため、工場はそれ相応の地域に移転しているが、こと食に限っていえばその問題は避けられない。飲食店やスーパーが人の食と密接につながっている以上、この問題の夜明けはまだまだ先になりそうである。

  • タイトルと内容がかなり違う。わざとか。

  • 若者向けの腰掛け仕事をただ問題視する本ではなく、若者へのインタビューを通してその腰掛仕事に日の光を当てた本。

  • 分類=若者。06年3月。

全5件中 1 - 5件を表示
ツイートする