哲学概論

著者 : 西田幾多郎
  • 岩波書店 (1953年11月25日発売)
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :28
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000015653

哲学概論の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 哲学の入門書ではあるかもしれないが、
    書いている内容は非常に難しい。

    書かれている言葉、一つ一つを紐解きながら読み進めようとするならば、
    いつまでたっても終わらないであろう、と言いたくなるのが
    この「哲学概論」だ。

    次はいつ読むのかは不明だが、また積読を続けよう。

  • 日本で唯一と言ってもいい哲学者である西田幾多郎の哲学概論。おやじの薦めで読みました。哲学の入門書として読んでもいいと思います。歴史的な思想体系を実存的に見つめつつ、哲学の限界を宗教にゆだねる潔さが気持ち良いです。

    何にしても読み始めは難しいと感じるかもしれませんが、それなりの宗教的、哲学的な知識の素地があればどんどん理解できると思います。僕は好きですね。子供にも読ませます。

全2件中 1 - 2件を表示

西田幾多郎の作品

哲学概論はこんな本です

ツイートする