ベートーヴェンの日記

制作 : メイナードソロモン 
  • 岩波書店
4.00
  • (3)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000020596

作品紹介・あらすじ

1812年からベートーヴェンは時折日記をつけるようになった。この年は「不滅の恋人」への手紙が書かれた年で、以後、その苦難の時代が続く。もとより発表の意志など毛頭もなかったベートーヴェンの書いたさまざまな文章からなる日記に、グレーファー写本(ベートーヴェンの原本は失われている)を再発見したソロモンが、この翻刻とともに厖大なベートーヴェン研究の知見を駆使して周到な註釈を施してなったのが本書である。その失意と孤独な日々にベートーヴェンの頭と心をよぎったものは…。ソロモンの精細な註釈の下絵の上にベートーヴェンの特異な人間像が二十一世紀の今にあざやかに立ち上がる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この本でベートーヴェンがギーターを読んでいたことを知って、さらに彼が好きなった。

全1件中 1 - 1件を表示

青木やよひの作品

ツイートする
×