ホロコーストの科学: ナチの精神科医たち

  • 岩波書店
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000020886

作品紹介・あらすじ

ナチスの大量虐殺はいかにして現実化したのか。科学的根拠を与えた精神医学者や人類遺伝学者達の深い関わりあいを克明に追跡、大量虐殺に当時の最高の頭脳が積極的に関与していった過程を鮮やかに描く。科学と政治、科学者の倫理のあり方を根底的に問い直し、問題の奥深さと普遍性を提示する、世界各国語への翻訳が進む労作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  ベンノ・ミュラー=ヒル著、南光進一郎監訳の、ナチ・ドイツ期における、安楽死計画やそれらによる犠牲者の臓器収集などによって利益を得た精神科医たちの所業の記述と刊行当時存命だった関係者へのインタビューの2篇からなる書籍。  第一部は安楽死計画とそれに携わった精神科医や人類学者やその所業が挙げられ当時エルンスト・クレー(医療ジャーナリスト)らによりようやく先鞭がつけられたそれらの罪悪について記述してあり著者の疑問や憤りが伝わってくる。またぞろ優生思想が頭をもたげる中有効であろう。
     
     第2部のインタビュー篇では関係者が責任回避に終止するその醜悪さに辟易とした。巻末の簡易年表も参考になる。ナチ・ドイツ期の優生学的政策、関わった学者や政策、戦後の態度や処遇について少しでも知りたい方にはおすすめできる。

  • ナチスに協力した医学者たちにインタビューした本。淡々と書いてあってとても怖い。加害者(という意識もなさそう・・・)の言葉で語られると、被害者の実態ってつかみにくい。本当にただの数字や物になってしまう。

全2件中 1 - 2件を表示

南光進一郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×