新訂 民法総則 (民法講義 1)

著者 :
  • 岩波書店
3.64
  • (3)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (536ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000021708

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 平成24年4月3日受贈(新訂第5版)

  • 言わずと知れた民法のドン,我妻榮の民法總則。
    近時の学者は意思主義を否定し,法律行為概念などをあまり重視しないが,なぜそのような概念が必要となり,どのように使うのかがこの本を読めばよくわかる。我妻「担保物権法」は時代の要請にあわずあまり使えないが,少なくとも民法總則は超名著と言って良い。
    また,今でこそ要件事実論が注目を浴びていますが,我妻先生の本は,とっくの昔に要件効果を意識した記載をしておられる。だからこそ,四宮民法があまり使われず,我妻民法が未だなお実務上の通説の地位を譲らないのだろう。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1897年(明治30年)山形県米沢市に生まれる。1920年(大正9年)東京帝国大学卒業、東京大学教授、同大学名誉教授、法務省特別顧問。1973年(昭和48年)10月逝去。

「2018年 『事務管理・不当利得・不法行為』 で使われていた紹介文から引用しています。」

我妻榮の作品

ツイートする