無理難題「プロデュース」します――小谷正一伝説

著者 :
  • 岩波書店
3.70
  • (3)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000022255

作品紹介・あらすじ

プロデューサーは常に黒子、そして常に新しいことを。戦後メディアで変幻自在な活躍をした男の軌跡を描きだす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • プロデューサーとしての僕の心の師匠である。お会いできなかったことが残念でならない。小谷正一という男は、カルチャー、メディアの前例のないあらゆることを実現してきた。

    「小谷正一(1912-1992年)。井上靖『闘牛』の主人公のモデルとなった毎日新聞社事業部を皮切りに、夕刊「新大阪」創刊、プロ野球パ・リーグの創設、民間放送の立ち上げ、海外からの芸術家招致、電通での活躍など、戦後メディアを縦横に生きた男の軌跡を、井上靖、正力松太郎、吉田秀雄、萩元晴彦ら、多彩な人物とともに描く。」とアマゾンの紹介にはある。

    この本には、プロデュースすることのダンディズムや心意気や色気に満ち満ちている。生涯の教科書。そして、小谷さんがやらなかったことの隙間を1つでも埋められたらプロデューサーとして本望である。

  • あるのが当たり前で、それぞれに曲がり角を迎えている夕刊、球団、ラジオ。でも、それぞれに生まれる前があって、なかったものが生まれるためにはアイデアがあるだけではダメで、人と人を繋ぐプロデュース、いやプロデューサーが必要だったのだと思います。「空間に原稿を書く」こういう感覚は、今こそ新鮮に響きました。成熟社会と決めつけずに、なかったものを生み出すためにも。

  • 電通報でその存在を知り、そして男として惚れた方です。世界は結局生み出すことが全てだと教わった気がします。

    特に下記の言葉が印象的です。
    「きみ、いつだって時代は過渡期だし、キャンバスは白いんだぜ」。

    社長から無理難題を言われ、嫌がりながらもカタチにしていく構想力、統率力、実行力。全てが手本となっています。自分も成し遂げたと思える、ビジネスをプロデュースしていきたい。

  • 終生黒子に徹した日本の伝説的イベントプロデューサー。その実績の割に彼にまつわる書籍は異常に少ない。
    色々な分野に名プロデューサーは存在するけれど、僕が尊敬しているのは小谷正一氏、ジャニー喜多川氏。双方、徹底的に黒子に徹するというある種のプロフェッショナリズムがある。

  • 日本のエンタテイメントの基盤を作った人物。闘牛の興行から今の芸能界に通ずる流れ、そして、東京ディズニーランドのテーマパーク迄影響する小谷のプロデュース力。亡くなった俊藤氏、そして花王名人劇場の澤田氏との接点をもっと知りたかった。この三人は昭和の三大プロデューサーと言えるだろうから。

全5件中 1 - 5件を表示

早瀬圭一の作品

ツイートする