名詩名訳ものがたり 異郷の調べ

  • 10人登録
  • 4.33評価
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 岩波書店 (2005年11月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000022637

名詩名訳ものがたり 異郷の調べの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • "名詩"を名訳した作品の紹介。訳詩の歴史から、個別の詩の解説まで。単純に訳すと言っても、いろいろな訳し方がある。井伏鱒二と小川亮作の作品は本当に素晴らしいと思う。
    2010/6/23

  • 「サヨナラダケガ人生ダ」「私の耳は貝のから」といった有名な作品は当然のこと、『ルバイヤート』や果ては中高地ドイツ語の『ミンネザング』まで。どれも正しく「名詩」「名訳」。
    ゲロックの「花薔薇」など、恥ずかしながらこの本で初めて知った作品も多い。(「いのち短かし、恋せよ少女(おとめ)」がアンデルセン作であったとは!)
    副題に「異郷の調べ」とあるとおり、他国の言語の多様さ、美しさに触れると同時に、日本語の奥深さに感動する良い本であると思う。tandaradei。

全2件中 1 - 2件を表示

亀井俊介の作品

名詩名訳ものがたり 異郷の調べはこんな本です

名詩名訳ものがたり 異郷の調べを本棚に登録しているひと

ツイートする