著者 :
  • 岩波書店
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (151ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000023375

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これは、たしか黒澤監督の映画『夢』が公開された当時に出版された絵コンテ集です。大判の本で、黒澤監督の絵のスゴさが感じられました。映画『影武者』の夢の中の幻想的な空のシーンの絵があります。あの感じです。黒澤監督の絵は力強く、表現主義的です…

  • 不思議な本だった

    狐の葬式を見てしまった夢

    原爆や科学進歩による自然への畏敬の念をなくしつつある人間に対する怒りが感じられる夢など

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

(くろさわ あきら 1910−1998年)
日本を代表する映画監督。1943年『姿三四郎』で監督デビュー。生涯30本におよぶ名作を監督した。『七人の侍』(1954年ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞)など海外の映画祭での受賞が多く、映画監督として初めて文化勲章、国民栄誉賞を受賞し、1990年には米アカデミー名誉賞が贈られた。

「2012年 『黒澤明脚本集『七人の侍』』 で使われていた紹介文から引用しています。」

黒澤明の作品

夢を本棚に登録しているひと

ツイートする