ユダとは誰か―原始キリスト教と『ユダの福音書』の中のユダ

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000023580

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何年か前にユダ福音書が発見されたと報じられたことがありましたが、4福音書におけるユダ、そしてユダ福音書のユダがそれぞれの特徴があります。最初からイエスを裏切る存在として生まれでたユダへの愛情? イエスが愛された弟子の一人だった!ことからイエスのユダへの言葉、「あなたの言ったことだ」という裏に哀しみが感じられるように思います。そしてユダがその後、イエスの元へ戻ってきたというユダ福音書の記述は、ユダ=悪魔という図式が最初はなく、ユダとペテロがイエスを裏切った同罪人だった!という初期キリスト教会の認識から出ていたというのは驚きでした。しかしながらこの著者はキリスト教を信じていると言えるのか? 4福音書の著者が誰かという記述からしても、分からなくなってしまいます。

  • ユダとは、どういう存在だったのか。 キリストを裏切り、ユダヤ教徒やローマ人に引き渡したユダは、以後ずっと裏切り者として糾弾され続けてきた。 しかしユダの裏切りがなければ、十字架上でのキリストの御業は成し遂げられなかった。 その筋書きは神によってあらかじめ定められたものであり、イエスもそれ向かって自覚的に歩んでゆく。 福音書のストーリーに不可欠な役割を果たし、12使徒のひとりでありながらも、複雑な捉え方をされているユダの実像に迫る。

    新約聖書に含まれる4つの福音書、それぞれにおけるユダ像を比較。 ユダに対しても赦しは与えられたのか。 福音書成立の年代が下がるごとに、裏切り者としてのユダへの論調は厳しくなってゆく。 近年時を超えて現れた、グノーシス派による「ユダの福音書」におけるユダ像も検討する。 その上で、イエスに対する裏切りという史的事象は認めざるを得ず、しかしその位置づけは結局あいまいなままのように思われる。

    付録されている、石原綱成氏による「ユダの図像学」も興味深い。 図版が白黒なのは残念。

  • 「ダ・ヴィンチ・コード」や「ユダの福音書」の騒ぎをふまえたうえで、そのようなジャーナリスティックな関心とは距離を置き、共観福音書や使徒教父文書や新約聖書外典などに記される「ユダ」像を整理し、あらためて「歴史の中のユダ」について考察した労作。
    「ユダの福音書」本文の和訳は、筆者である荒井献氏により手が入れられている。
    一般向けの本でありながら、内容的には専門書・研究書としてのレベルがある。

    必読。

    目次
    ユダの共観表
    1 原始キリスト教とユダ(イスカリオテのユダ―名称の由来とその意味
    イエスとの再会―マルコ福音書のユダ
    銀貨三十枚の値打ち―マタイ福音書のユダ
    裏切りと神の計画―ルカ文書のユダ
    盗人にして悪魔―ヨハネ福音書のユダ)
    2 使徒教父文書・新約聖書外典と『ユダの福音書』のユダ(正統と異端の境―使徒教父文書と新約聖書外典のユダ
    十三番目のダイモーン―『ユダの福音書』読解)
    3 ユダとは誰か(歴史の中のユダ)
    ユダの図像学

  • 毎日新聞2007.7.1

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

あらい・ささぐ氏は、1930年生まれ。東京大学教養学部、同大学院西洋古典学専攻を経てドイツ・エアランゲン大学で神学博士を取得。原始キリスト教史・グノーシス研究に開拓的な業績がある。現在、東京大学および恵泉女学園大学名誉教授、日本学士院会員。著書『荒井献著作集』(全10巻+別巻、岩波書店)、『使徒行伝』上中下(新教出版社、現代新約注解全書)ほか多数。

「2018年 『キリスト教の再定義のために』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荒井献の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リチャード・ドー...
シェイクスピア
バート・D. ア...
三浦 しをん
ハーバート・クロ...
J.L. ボルヘ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする