愛蔵版 妖怪画談

著者 :
  • 岩波書店
3.96
  • (10)
  • (4)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000023955

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 水木しげるのベーシックな妖怪画集。
    岩波新書から出たもの2冊をまとめたもの。
    妖怪基礎画集として最適。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      怖がりなんですが、水木しげるのユーモアは結構好き(スッゴク怖い作品もあるけどね)
      怖がりなんですが、水木しげるのユーモアは結構好き(スッゴク怖い作品もあるけどね)
      2012/08/01
  • この妖怪画談、読んでいると眠くなる上に妙な夢を見る。頭はボンヤリ、意識が現実から離れていく。田んぼの上にゆらめく鬼火に走って逃げたり、野球のボールを探して入った草むらの中で脳の剥き出しになった鶏が歩いているのに遭遇したり、山のような大邸宅が突然建っている幻を見たり(街灯の連なりが窓明りに見えた)、田舎に住んでいた頃に時折感じた奇妙な体験を肌で思い出した。

  • 妖怪検定の勉強のために 押し入れから引き出す
    お陰で 検定(初級)に合格㊗️

  • 思わず買っちゃった!イラストはもちろん、語り口がやさしい。入門書にさせていただきます。

  • カラーの画に短い解説がついた妖怪図鑑。
    これは、すばらしい本です。

  • 敬愛する水木先生の妖怪達がみっしり詰まった御本。子供達が気に入ってしまい二歳児が「おばけしゃん!」と外出にも抱えて行く始末で、五歳児も名前と特性を次々記憶して絵を描いています。もう買うしかないですね…そして買いました。子供達が離しません。

  • おもしろい!

  • カラーなのは嬉しい

  • 眺めるだけでテンションあがる

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

漫画家。1922年3月8日生まれ。鳥取県境港市で育つ。太平洋戦争で激戦地ラバウルに出征し、爆撃を受けて左腕を失う。復員後、紙芝居作家を経て漫画家に転向。1965年、「テレビくん」で貸本からメジャー誌へと発表の場を移し、同作で講談社児童まんが賞を受賞、一躍人気作家に。代表作に『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』『のんのんばあとオレ』『日本妖怪大全』など。『昭和史』(講談社)で1989年度の講談社漫画賞一般部門受賞。1991年紫綬褒章、2003年旭日小綬章受章、2010年には文化功労者に。海外でも受賞多数。2015年11月30日、93歳で逝去。

「2022年 『漫画で知る「戦争と日本」ー壮絶!特攻篇ー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水木しげるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島由紀夫
エドワード ゴー...
ヴィクトール・E...
宮部みゆき
ほし よりこ
三浦 しをん
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×