流星雨

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000024532

作品紹介・あらすじ

京都守護職として孝明天皇の信任篤いはずのわが会津藩が、どうして朝敵となり攻撃をうけるのか-そう自問する一人の会津藩士の娘がいた。鶴ヶ城陥落、斗南への転封とつづく波乱の時代に、少女は何を見、どう生きたか。実在の人物の史料をもとに、歴史の悲劇を問い、「女たちの会津戦争」を描き切った著者初の本格的歴史小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 柴五郎の「ある明治人の記録」を敷衍した小説。フィクションはノンフィクションに勝てない。

  • 福井などを舞台とした作品です。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

昭和3年生 学習院女子短大卒 日本藝術院会員 作家
著書「玩具」(芥川賞)「智恵子飛ぶ」(芸術選奨文部大臣賞)ほか

「2019年 『季刊文科 79号』 で使われていた紹介文から引用しています。」

津村節子の作品

流星雨を本棚に登録しているひと

ツイートする
×