歴史としてのドイツ統一: 指導者たちはどう動いたか

著者 :
  • 岩波書店
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (393ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000025232

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東2法経図・6F開架:312.34/Ta33//K

  • 2年次ゼミ論でお世話になった本。
    ドイツ統一を冷戦崩壊の流れと重ね、ドイツ、ヨーロッパ諸国、アメリカ、ソ連と様々なアクターの立場を明らかにしつつ、ドイツ統一のダイナミクスを余すところ無く伝えてくれる名著。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

龍谷大学法学部教授
専攻:イタリア政治史
主な著作:『「再国民化」に揺らぐヨーロッパ――新たなナショナリズムの隆盛と移民排斥のゆくえ』(石田徹との共編、法律文化社、2016年)、『ポピュリズム時代のデモクラシー――ヨーロッパからの考察』(石田徹との共編著、法律文化社、2013年)、『イタリア・ファシズム体制の思想と構造』(法律文化社、1997年)。

「2017年 『イタリアの歴史を知るための50章』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋進の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×