レーニン (上)

制作 : Robert Service  河合 秀和 
  • 岩波書店
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000025270

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自己欺瞞に満ちた「純粋さ」で権力闘争に熱中してるタイプの人間がきほん好きじゃないんですけどレーニンはその典型で読みながら何回も笑ってしまった。でもそう感じるのは少なからず自分にもそういう要素があるからで同族嫌悪だと思うので下巻までしっかり読んでレーニンについて知ろうと思います。

  • 裏話的な、ちょっと笑えるようなエピソードも含まれているけれど基本は淡々とした記述が続いているだけで読みとおすのは結構大変だった。それでもレーニンについて、またソビエト革命について基本的なことは知ることができたと思う
    レーニンは決してすぐれた指導者とはいえなくてころころ意見を変えたし、現状を見据えずに無茶な判断を下した。「aだからAする」がうまくいかなくなったら「bだからBする」に転向した。しかし彼の話術には誰も勝てなかった。自分が正しいと相手に思いこませたり、痛いところをうまくすり抜けたりする能力にかけては天才だった。最初はみんな疑ったものの次第に丸め込まれていった。そして最終的な目的のためには手段をいとわなかった。正しさよりも遂行することを優先した、
    大切なのは良心的な社会はこんないい加減な政治では作れないということで問題は必ず生じるし、その問題を無理やり押し潰せば苦しむ人々が出てくる。実際、革命直後のソビエトは崩壊寸前だった。だからトップに立てることと、ちゃんと政治ができるということはぜんぜん違うことなのだと痛感したのでした

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

英オックスフォード大学セント・アントニーズ・カレッジのソ連史家。3部作『レーニン 上・下』(岩波書店)、『スターリン』(未邦訳)に続く本書で、権威ある《ダフ・クーパー賞》を受賞した。ほかに『情報戦のロシア革命』(白水社)などの邦訳がある。

「2013年 『トロツキー(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ロバート・サーヴィスの作品

ツイートする