六本指のゴルトベルク

  • 岩波書店
3.63
  • (3)
  • (4)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000025942

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 六本指のゴルトベルク

  •  ピアニストであり、筆力も相当な人で、今まで知らなかったのが残念に思う。音楽の関わりのあるミステリを紹介するのだが、何といっても面白いのは、癖のある音楽家の生態や、音楽を生業にする本音などを教えてくれること。随分昔、挑戦しようと試みた『ジャン・クリストフ』、これを読まないと音楽の喜びのいくつかを知らないで終わるとまで言う。でもなぁ、もう読む体力はないな。音楽の喜び、奏者と聴衆と楽器やホールに奇跡的に一体化する瞬間の喜び、あぁ、知らないで終わるのだろうな。刺激的で挑発的な本。

  • 902
    さまざまな純文学やミステリ、映画に登場する音楽人や音楽作品から読み解く読書案内。ピアニスト、音楽人ならではの着目点が楽しい

著者プロフィール

ピアニスト・文筆家。安川加壽子、ピエール・バルビゼの両氏に師事。フランス国立マルセイユ音楽院首席卒業。東京芸術大学大学院博士課程修了。一九九〇年、文化庁芸術祭賞受賞。演奏と執筆を両立させ、『翼のはえた指 評伝安川加壽子』で吉田秀和賞、『青柳瑞穂の生涯』で日本エッセイスト・クラブ賞、『六本指のゴルトベルク』で講談社エッセイ賞、『ロマンティック・ドビュッシー』でミュージックペンクラブ賞を受賞。大阪音楽大学教授、日本ショパン協会理事。

「2018年 『ドビュッシー最後の一年』 で使われていた紹介文から引用しています。」

六本指のゴルトベルクのその他の作品

青柳いづみこの作品

ツイートする