我々はなぜ戦争をしたのか―米国・ベトナム 敵との対話

著者 :
  • 岩波書店
3.86
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000026406

作品紹介・あらすじ

ベトナム側300万人、アメリカ側六万人もの命を奪ったベトナム戦争。冷戦下における最大のこの「熱い戦争」を回避する、あるいは早期に終結させる道はなかったのか。マクナマラ元米国防長官の提唱による非公開討議が、1997年6月、ハノイで四日間にわたって行われた。戦争当時の両国指導者たちによる冷静な検証と白熱した論議の中から浮かび上がる、数々の驚くべき事実…。同題の「NHKスペシャル」(1998年8月2日放送)をもとに再構成。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • すごく心打たれた。
    当事者性あふれるハノイ対談の記録には平和構築へのヒントが散りばめられている。

  • ベトナム戦争はなぜ起こったのか。また、それは何故続き、何故ああいった結末に至ったのか。なぜ回避できなかったのか。当時の双方における戦争責任者が、反省と自戒の意味を含め、ベトナムにて対談を行った。
    お互い大勢の死者を出し、恨み憎しみ合った敵同士は、数十年後に、言葉によって再び合間見える。

  • 国際政治史

全3件中 1 - 3件を表示

東大作の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

我々はなぜ戦争をしたのか―米国・ベトナム 敵との対話はこんな本です

ツイートする