自叙伝 中

著者 :
  • 岩波書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (459ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000026598

作品紹介・あらすじ

「私は今たとひ火にあぶられるとも、その学的所信を曲げがたい」-マルクス主義は河上肇にとって、長い学問遍歴の果てに辿り着いた「真理」であった。『自叙伝』はわが国においてマルクス主義が辿った歴史とその意味をあらためて私たちに考えさせずにはおかない。本巻は地下潜伏から逮捕、獄中の生活へと至る記録である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「上」に同じ。

全1件中 1 - 1件を表示

河上肇の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×