情報管理論

著者 :
  • 岩波書店
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000026758

作品紹介・あらすじ

学術情報の生産・流通・蓄積を、書斎から図書館・博物館のレヴェルにいたるまで具体的に提案する、今日のテクノロジーの中で考察された創造のための情報管理論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • まず、認識が違ったのは、「情報を管理する方法を説明したハウツーもの」ではなかったということ。
    どうすれば情報管理をうまくやれるか、みたいなことはあまり書いてない。
    そういうのはおそらく「知的生産の技術」に書いてある。
    とはいえデータベース設計の基礎となる「何をもって1レコードとするか?何に対してインデクシングするか?」をちゃんと考えることの重要性を改めて認識。(普段考えなさすぎ)

    1990年発行の本だけれども、読み取るに、(当時はまだない)Google的な性格を図書館に求める、「図書館(+博物館)はGoogleであるべき(博情報館)」的主張。

    これ言われたら司書の人たいへんだわ、と思いながら読み進めると、終わりのほうで今のネットの世界でいうところの「エゴサ」の重要さについても言及されていてやばい。
    この人ほんとうにやばい。

  • 1

  • 図書館と図書資料に関する参考になることが書かれている。
    著者の略歴がみあたらないが、著作集がでるほどの人らしい。
    名前は聞いたことがある気がする。
    内容は、そうですね。と納得できることが書かれている。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

梅棹忠夫

一九二〇年(大正九)、京都市に生まれる。四三年、京都大学理学部卒業。学生時代の白頭山登山および大興安嶺探検隊以来、調査、探検の足跡は、ひろく地球上各地にしるされている。京都大学人文科学研究所教授、国立民族学博物館長を経て、同館顧問・名誉教授。専攻は民族学、比較文明学。理学博士。九四年、文化勲章受章。二〇一〇年(平成二十二)、死去。著書は、『東南アジア紀行』『サバンナの記録』『文明の生態史観』『知的生産の技術』『地球時代の日本人』『日本とは何か』『情報の文明学』など。いずれも「梅棹忠夫著作集」(全22巻、別巻1)に収録。

「2020年 『女と文明』 で使われていた紹介文から引用しています。」

梅棹忠夫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×