死の民俗学―日本人の死生観と葬送儀礼

著者 :
  • 岩波書店
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000026789

作品紹介・あらすじ

本書は日本人における遺骨崇拝の源流をさぐり、その歴史的展開の相を追跡。さらに死と葬送の儀礼、とくに天皇の死をめぐる儀礼の構造を分析し、日本人のなかの、「死の観念」の特色を浮び上らせる。この作業を通して,著者は天皇の「生理的な死」と「社会的な死」の差に着目するとともに、「王権」と「王位継承」についての比較宗教学的考察を展開する。天皇論、大嘗祭論に新しい視点から一石を投じる注目作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著名な民俗学、宗教学者の著書だが、表題になっているのは四つの既に発表された論文のうちの最初のものだけ。後はチベットのダライラマの転生や、フランス王権の受座や、日本古代の天皇の葬送について。

    第一部の、日本の納骨という儀式は、平安時代までの貴族による死穢観から、浄土教の普及によって来世信仰から貴族が遺骸の一部を寺に収めたのがはじまりで、遺骨を人質にすることによって寺も栄えた、という指摘は興味深かった。

  • 日本人の根底に根付くもの

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

山折哲雄 1931年生まれ。宗教学者。東北大学文学部印度哲学科卒業。同大学文学部助教授、国立歴史民俗博物館教授、国際日本文化研究センター教授、同センター所長などを歴任。著書に『空海の企て』『愛欲の精神史』『「始末」ということ』など多数。

「2017年 『死者と先祖の話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

死の民俗学―日本人の死生観と葬送儀礼のその他の作品

山折哲雄の作品

ツイートする