核と対決する20世紀 (核と人間 1)

著者 :
  • 岩波書店
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000028363

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 米ソの対決が厳しかった冷戦期には、双方の核兵器システムが一触即発の状態で対峙し、従ってそこでは、システムの機械的な誤作動か、相手の行動に関する人間の判断の錯誤か、いずれにしろ「事故」によって、引き返し不能なミサイル発射が行われ、その結果核戦争に突入するという危険が、つねに存在した。換言すれば、細心の判断の積み上げの結果として戦争が開始され、その手段として核兵器が使われるというのではなく、核兵器システムそのものが、戦争開始の発端になるという危険に、常時晒されていたのだ。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

東京大学名誉教授 国際基督教大学平和研究所顧問

「2013年 『脱原発のための平和学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂本義和の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×