フロイト理論と精神分析技法における自我 下―1954ー1955

制作 : ジャック=アラン・ミレール 
  • 岩波書店
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000028752

著者プロフィール

1901-81年。フランスの精神分析家。パリ大学医学部などで学び、サン=タンヌ病院などで臨床に専念。1964年にはパリ・フロイト派を創設した。1953年から始められたセミネールは多くの聴衆を集めるとともに、大きな影響を与え続けている。著書に、『エクリ』(全3巻、弘文堂)。

「2019年 『アンコール』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジャック・ラカンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スラヴォイ・ジジ...
ジャック ラカン
ミシェル・フーコ...
ジャック・ラカン
ドストエフスキー
ジャック ラカン
ジャック・ラカン
ヴィクトール・E...
ジャック・ラカン
ジャック ラカン
ジャック ラカン
ジャック ラカン
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×