子どもの本の森へ

  • 岩波書店
3.46
  • (3)
  • (7)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 119
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000029131

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 臨床心理学者の河合隼男さんと、詩人の長田弘さんの「子どもの本をめぐる」対談集。
    1994年~95年に雑誌で連載していたものに加筆。
    作品に対する深い考察もさることながら、子どもの本は子どもたちだけのものではないという視点で終始語られる。

    児童書も絵本も、子ども向けの本というのはいつも直球で胸に飛び込んでくる。
    そこには「真実」があり、人間のたましいに直接作用してくる。
    大人にとっては、自分の心の有り様を確かめるための鏡のような役割を果たしてくれる。
    「子どもの本のPR賞をもらいたいくらいだ」と言われる河合隼男さんは、大人になってから「ゲド戦記」に出会って夢中になり、講演でもその話をしてまわったのだとか。
    かたや長田弘さんはカニグズバーグとピアスに出会って「読む前と読んでからが、ガラッと世界が変わってしまった」と言われる。
    さすが!おふたりとも、お目が高い・笑

    「積読」の大切さを説いている箇所があるので挙げておこう。
    「ツンドクというのは読まないというのとは違うんですね。何かの拍子に読める。
    そして夢中になるのがツンドクなんですね」
    「しなかったもの、しそこなったもの、つい忘れてそれっきりのもの、そういうものの中には実は、自分で気づいてない豊かなものがいっぱいあるんだってことを、忘れたくないですね」

    そしてツンドク本は、子どもの目に見えるところに置いておくのが良いのだと。
    日常その本が見えていると、その本のイメージがずーっと自分の中に残るものだそうだ。
    そうして、記憶のなかにツンドクだけで読まなかった子どもの本というのを、大人が自分のなかにどれだけ持っているかが、実はその大人の器量を決めるんじゃないかなぁ。
    という長田さんの言葉が続く。
    記憶の中のみでなく、現実にもたくさんの積読本を抱えているブク友さんたち。
    この言葉が読書の励みになるかも。

    「赤毛のアン」「モモ」「子鹿物語」、そしてピアスと宮沢賢治作品の考察がとても深い。
    とりわけ「モモ」は河合さんにとって特別らしく、心理療法家の必読書であるらしい。
    長田さんが積極的に作品を提示して語り、河合さんがじっくり聞いて受けるという図式は、互いの職業による特性なのだろう。
    河合さんの後書きによれば、対談は本当に楽しいものだったらしい。
    嬉しくて嬉しくて話したいことがいっぱいあったらしく、こちらにもそれが伝わってくる。
    「前書き」の担当は長田さんで、ドイツに伝わる民謡集から「魔法の庭」を紹介している。
    この最後の一行が空けてあるのだが、どうにも気になる。
    ご存じの方がいらしたら教えてね。
    本書ではおふたりの「ようこそ、子どもの本の森へ」という一行が書き入れてあるが。

    とうに鬼籍に入られたおふたりだが、今も天国で対談されているに違いない。
    本を開けばいつでも会えるという喜びが、私たちには残された。
    煌めくようなフレーズだらけで、これ一冊でも心は満たされる。

  • 児童文学、ほとんど読んでこなかった(ミステリーばっかり読んでました)。司書になり、あらすじは知っているけど、読んだことない本に挑戦中。
    紹介されている本、読みたくなり、何冊かポチッたり、本屋へ駆け込んだり・・・(笑)
    ああ、子どもの頃どっぷりハマりたかったなあ。その後悔の気持ちを子どもたちに伝えていきたい。
    大人になった今読んでも、また違う発見や楽しみがある、と思う。
    いろいろ読みたいなあ。

    長田さんの言葉で
    『子どものときに読まなかった子どもの本が、記憶のなかにいっぱいのこってる。だけど、そうやって記憶のなかにツンドク(積ん読)だけで読まなかった子どもの本というのを、大人が自分のなかにどれだけ持っているかが、じつはその大人の器量を決めるんじゃないかなあ。』

    『ツンドクというのは、読まないのとちがうんですね。何かの拍子に読める、そして夢中になるのがツンドクなんですね。』
    とあり、読書って自由に楽しめばいいんだなあ、おとなも。と改めて感じた。

  • 対談物を読むのがあまり好きじゃない。けど、
    自由というのは、失敗する自由、間違う自由。(長田弘)
    こんなん読まな損やで、こんなおもしろい本。(河合隼雄)

  • これは何度か書いてきたことだけれど、私自身は子供のころあまり本は読まなかった。本格的に読み出したのは高校生になってから。それも、物語ではなく、物理学者の伝記物なんかが多かった。児童文学に興味を持ち出したのは自分の子どもができてから。といっても、本書で紹介されている本の中で読んだことがあるのは「ゲド戦記」(ル・グィン)と「風の又三郎」「銀河鉄道の夜」(宮沢賢治)だけ。ケストナーとかピアスとかカニグズバーグとか早く読んでみたい。ところで児童文学を書ける日本の作家は少ないんだなと感じました。その中で、やはり宮沢賢治はすごいのだとあらためて思いました。絵本では「はらぺこあおむし」(カール)と「かいじゅうたちのいるところ」(センダック)が我が家にもあります。もううちの子供も絵本を必要としなくなってきていますが、大人が読んでも楽しい絵本はいっぱいありますね。島田ゆかさんの絵本だけは出るたびに買っています。本当に楽しい。

  • 興味深い指摘は多いが、論が深まっていかない、もどかしさを感じた。

    ・大人と子どもの違いは、子どもは窓を乗り越えて出入りできる人間。大人はもう窓を乗り越えない。それで大人は失敗した時、「なんでこんなバカなことをした」って言う。
    ・いちばん自分のことを分かってくれていて、いちばん親しいと思っている人の裏切りが、大人になるために必用。
    ・人は秘密を持つことで自分の個を発見する。秘密は隠すものでなく、見出すもの。
    ・動物と友達になるというのはさわることの回復。さわること、触れることによってイヤされる。恋愛もさわること。手をつなぐ。キスをする。セックスをする。触れる行為。触れ合いというのは本来汚れ、におい、その他が全部入っている。
    ・誰か一人の具体的内人物に話しかけるとか書くとかいうのは、すごく迫力がある。
    ・絵本の物語は子守歌ではない。文ではなく絵だから。
    ・どんな絵本でも、絵本のテーマは結局、時間。
    ・いろいろどう変わっても朝があり昼があり夜があり、青虫は蝶になる。世界にはそういう変わらないものがあり、そこに大切なものがあるというのを、絵本は語りかける。
    ・アメリカでは絵本は生活の一部。日本は贅沢品。
    ・オリジナリティではなく、リサイクル。採話。
    ・大人も子どもに負けぬように、もう少し悩み続けてもいいのではないか。解答をすぐに求めない。
    ・居場所がないのではなく、逃げ場所がない。
    ・子どもに対する圧力はすごい。それが善意に基づいているから、よけい恐ろしい。
    ・すべからず、と言ったら厳しそうだが、それ以外はなにをやってもいい。すべし、はしんどい。
    ・自ら面白いと思う力をおたがいのあいだに、オープンに育むことで、子どもの本は人間の原型的な経験をつくってきた。

  • 河合隼雄さんのやさしい語り口が好きです。
    以前、村上春樹と対談していた本もよかったなぁー。

    ここに紹介されている絵本や児童書は、
    けっこう有名で誰もが知ってるものが多かったので
    わたしも読んでいる本が何冊もありましたが、
    改めてもう一度読み返してみたくなりました。

  • いろいろと読みたくなる本がたくさんあった。子どもの頃に読んだ本もいくつかあって、懐かしかった。
    大人だからこそ児童書は読むべきだと強く共感。

  • 臨床心理学者と詩人の二人が子どもの本について語る対談本。終始子どもの本は面白いというスタンスで語られているのが印象的であり嬉しく思う。そう、子どもの本は読むと賢くなる、読むと心豊かになる、読むと自立神経が安定する、そんな効能を求めて読むものじゃないんですよね。
    途中から子どもと社会、子どもの居場所という問題に話題が移るが、これも関心ある話なので興味深く読みました。

  • 長田さんと河合さん。わたしの大好きな二人がわたしの大好きな子どもの本について話す。ま、森について聞くよりも、自分で実際に入っていくほうが何倍も楽しいが。24 Apr 2007

  • 読み逃した本がいっぱいだ。今からでも遅くないかしら。

全11件中 1 - 10件を表示

河合隼雄の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×