時間についての十二章―哲学における時間の問題

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000029315

作品紹介・あらすじ

さまざまな相貌をおびて我々の存在を拘束している「時間」。物理学者の「時間」、哲学者の「時間」があり、そして、生活し労働する者の「時間」がある。産業化にささえられた現代人にとっての「時間」とは、いったいなんだろうか。山里の自然からのまなざしによって現代文明に再考をうながし続ける著者の最新エッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 良い。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

内山 節(哲学者)

「2018年 『地方自治論 変化と未来』 で使われていた紹介文から引用しています。」

時間についての十二章―哲学における時間の問題のその他の作品

内山節の作品

ツイートする