性愛論

著者 :
  • 岩波書店
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000029865

作品紹介・あらすじ

誰しも避けて通れない永遠の問い。猥褻から恋愛幻想まで、解きほぐすことの難しい、性愛という複合的な現象に挑む社会科学の冒険。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本書に収録されている諸論文が発表されたのは、日本でフェミニズムが確立されていった1980年頃です。著者は、そうした動向を眺めつつ、原理的な社会学理論に基づいて性愛を考察することを試みています。

    著者は、身体と身体が直接に出会うところから始まる「性愛空間」と、言語によって媒介された公共的な社会空間とを区別し、両者の関係について考察をおこなっています。たとえば「猥褻」と呼ばれる現象は、この2つの社会的空間の侵犯に対して名付けられたものだと考えられます。

    また、ユダヤ・キリスト教から近代のピューリタニズムに至るまでの、ヨーロッパにおける性愛の政治学についても、考察をおこなっています。こうした試みは、フーコーの晩年の課題と重なりますが、著者の議論はフーコーの系譜学とは違い、ウィトゲンシュタインの言語ゲームを独自に受け取りなおして発展させた、「言語派社会学」の方法に基づいています。フーコーのような「自己のテクノロジー」へ向けての微細なまなざしはありませんが、社会的な規範システムの総体を、歴史的な形成プロセスを追いかけながら記述することが試みられており、興味深く読みました。

  • 『いまこの国で大人になるということ』の中の「読んでご覧」に出てたので、
    その流れで…。
    愛と性が結びつく根拠が、知りたかったのだけれど、それはキリスト教側からしか書かれておらず、不完全燃焼な気分。
    どちらかというと、性愛ありきで、その歴史と仕組みを読み解く本かな。
    フェミニズム抜きで性を語りたかった←と、著者。

  • 橋爪の性愛論。
    この人こういうこともしてるんだね。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1949年、神奈川県生まれ。社会学者。東京工業大学名誉教授。77年、東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。95~2013年、東京工業大学教授。主な著書に『はじめての構造主義』『はじめての言語ゲーム』(以上、講談社現代新書、『世界がわかる宗教社会学入門』(ちくま文庫)、『世界は宗教で動いている』『戦争の社会学』(以上、光文社新書)、『国家緊急権』(NHKブックス)、『政治の教室』(講談社学術文庫)、『丸山眞男の憂鬱』(講談社選書メチエ)、『フリーメイソン』(小学館新書)、『世界は四大文明でできている』(NHK出版新書)など多数。

「2018年 『政治の哲学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

橋爪大三郎の作品

ツイートする