原発事故―日本では? (岩波ブックレット)

著者 :
  • 岩波書店
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (71ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000030151

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • チェルノブイリ原発直後の1986年に刊行された。福島原発の事故の25年前になる。それから日本は何をしてきたのであろうか。
    著者の高木仁三郎氏はすでに物故者となっているが、この本は今でも古びていない。

    この本で 今回の事故が想定内であることが非常によくわかる。

    私は大学時代 電気工学を学んだので原子力発電工学なども学部時代にならい
    大学院生とのきにチェルノブイリ事故が起こったので、原子力発電の危険性についてよくわかっているつもりだった。
    実際 高木仁三郎さんの 論文や著作にも何度もふれてきていたのに 自分の教養としてしまっていた。


    日本の原子力発電は沸騰水型と加圧水型。
    冷却系の細管振動によわいl
    原子炉内には大量の熱を発生する能力のある核燃料が収められている。
    発電所の原子炉が廃炉となっても、ごみとして放射性物質が ウン万年の期間で残る。
    その残留放射性物質をどうするかも方策のないままどんどんつくり
    高速増殖炉ができないとみるやプルサーマル(福島3号機)へとつきすすんだ。

    この本は煽情的では決してない。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1938年、群馬県生まれ。東京大学理学部卒業。日本原子力事業株式会社核化学研究室勤務、東京大学原子核研究所助手を経て、1969年から東京都立大学助教授。1970年、科学同人誌『ぷろじぇ』に参加。1972~73年、マックス・プランク核物理研究所客員研究員。1973年、東京都立大学を退職。1975年に独立系研究所として原子力資料情報室の設立に参加し、1986~98年に代表を務めた。1997年、ライト・ライブリフット賞を受賞。2000年10月、癌のため死去。専門は核化学。理学博士(東京大学)。
○主な著書:
『現代の博物誌 プルートーンの火』社会思想社、1976年。
『危機の科学』朝日選書、1981年。
『元素の小辞典』岩波ジュニア新書、1982年。
『核時代を生きる』講談社現代新書、1983年。
『巨大事故の時代』弘文堂、1989年。
『原子力神話からの解放』光文社、2000年(講談社+α文庫、2011年)。
『原発事故はなぜくりかえすのか』岩波新書、2000年。
『高木仁三郎著作集』全12巻、七つ森書館、2001年‐2004年。

「2014年 『市民の科学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高木仁三郎の作品

原発事故―日本では? (岩波ブックレット)を本棚に登録しているひと

ツイートする