無名戦没者たちの声―千鳥ヶ淵と昭和 (岩波ブックレット)

著者 :
  • 岩波書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (62ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000030762

作品紹介・あらすじ

大君のため、国のため"聖戦"と信じて散った無名戦没者33万人が眠る千鳥ヶ淵墓苑。生きていれば優しい息子であり夫であったろうものを。しかも聖戦の正体は侵略だった。この事実を見すえ、死者の声に耳かたむけ、歴史を伝えることから、はじめて未来が見えてくるのではないか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • こないだ読んだ『子どもの涙』で、巻末の解説を書いていたのが石川逸子だった。思春期の徐京植さんが憧れたという詩人。

    その人の『無名戦没者たちの声 千鳥ヶ淵と昭和』と、詩集『千鳥ケ淵へ行きましたか』を借りてきた。

    「二つの地図」の話に、胸がつまる。

    その一つは、特攻で命を散らした渡辺静さんがノートに描きのこした生まれ故郷の地図。二度と帰ることのかなわないふるさとを、ていねいにていねいに描いたもの。渡辺さんは、同じノートに、家族全員の名を二度にわたって書き綴っていたという。

    もう一つは、中国系マレーシア人の女性・簫嬌さんが描いた、今はなきふるさと、イロンイロン村の地図。シンガポールをめざして南下を続けていた日本軍は、軍に協力しない住民に対して「断固其ノ生存ヲ認メサルモノトス」との強硬策で、住民殺害をおこない、村を消し去った。イロンイロン村も一夜にして廃墟となり、住民のほとんどは命を落とした。簫嬌さんは、たまたま村の入り口で日本軍を見つけ、姉とともに逃げ出して、辛くも生きのびた。翌朝戻った村は死の海で、簫嬌さんは無惨に殺された母と弟の亡骸を見つける。父と兄弟はついに見つからなかったという。

    千鳥ヶ淵は、武道館や靖国神社、東京の近美などからそう遠くないところ。私も近くを通ったことはあるが、墓苑には行ったことがない。この墓苑は、"先の大戦で海外における戦没軍人及び一般邦人のご遺骨を納めた「無名戦没者の墓」"として1959年につくられたものだという。

    冒頭で、ある遺族・石崎さんのお話が引かれている。
    ▼遺族運動の原点は、遺族の相互扶助と戦争の防止、世界の恒久平和の確立であったのです。当時の遺族通信にもね、「戦争は人為的に不幸な人を数限りなくつくり出すのであって、正義の戦いとか、国家のためとかいうが、そうしたことを超越して戦争は人類にとって全く大きな罪悪である」と書かれてありますようにね、それが遺族共通の願いなんです。それが英霊顕彰運動へとねじ曲げられていってしまったのです。私の夫は英霊とたたえられることを希んではおりません(pp.3-4)

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1933年、東京生まれ。日本現代詩人会会員。
1982年よりミニコミ通信『ヒロシマ・ナガサキを考える』
主な著書に、『オサヒト覚え書き―亡霊が語る明治維新の影』『日本軍「慰安婦」にされた少女たち』(岩波ジュニア新書『〈日本の戦争〉と詩人たち』(影書房)など。
主な詩集に、『新編 石川逸子詩集』『定本 千鳥ケ淵へ行きましたか』『ぼくは小さな灰になって…。―あなたは劣化ウランを知っていますか?』ほか

「2022年 『三鷹事件 無実の死刑囚 竹内景助の詩と無念』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石川逸子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×