ユーゴスラヴィアの実験―自主管理と民族問題と (岩波ブックレット―シリーズ東欧現代史 4)

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (62ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000031455

作品紹介・あらすじ

「四つの言語、五つの民族、六つの共和国」をもつユーゴ。パルチザン戦争の中から生まれ、ソ連に対抗すべく選ばれた「自主管理」の理想は、いまや民族対立のはざまに消え去ろうとしている。独自の社会主義をめざした壮大な実験を描き、現在の危機の源流を探る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (1992.02.18読了)(1992.01.13購入)
    自主管理と民族問題と
    (「BOOK」データベースより)amazon
    「四つの言語、五つの民族、六つの共和国」をもつユーゴ。パルチザン戦争の中から生まれ、ソ連に対抗すべく選ばれた「自主管理」の理想は、いまや民族対立のはざまに消え去ろうとしている。独自の社会主義をめざした壮大な実験を描き、現在の危機の源流を探る。

    ☆関連図書(既読)
    「’89東欧改革」南塚信吾著、講談社現代新書、1990.04.20
    「激動の東欧史」木戸蓊著、中公新書、1990.12.20
    「ルーマニアの小さな村から」みやこうせい著、NHKブックス、1990.04.20
    「チャウシェスク銃殺その後」鈴木四郎著、中公文庫、1991.04.10
    「ベルリンの壁崩れる」笹本駿二著、岩波新書、1990.05.21
    「ハンガリー狂騒曲」家田裕子著、講談社現代新書、1991.10.20
    「ヤルタ会談と鉄のカーテン」小沢弘明著、岩波ブックレット、1991.06.13
    「粛清の嵐とプラハの春」林忠行著、岩波ブックレット、1991.06.13

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1946年東京生まれ。東京大学名誉教授、城西国際大学特任教授。専紋は東欧地域研究、バルカン近現代史。著書に『バルカン史』『バルカンを知るための65章』など多数。

「2019年 『図説 バルカンの歴史 増補四訂新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柴宜弘の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×