ポル・ポト派とは? (岩波ブックレット)

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (63ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000032247

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (1993.02.06読了)(1993.02.04購入)
    (「MARC」データベースより)amazon
    ポル・ポト時代に何が起こったのだろうか? そして、ポル・ポト派とは一体どういう集団なのか? カンボジア独立とクメール・ルージュから、ポル・ポト派の現在までを解説する。

  • カンボジアで数百万人を殺したポル・ポト派について書かれた本(というか冊子)。ポル・ポト派が凶器に基づく異常な虐殺者ではなく、彼らなりの合理的な理論とか信念に基づいて行動し、結果として虐殺に至ったのだということが分かる。

    とはいっても、なぜあそこまで悲惨な結果になったのか、感覚では理解できない部分も残るのだが、たった60ページの薄い冊子なので、興味を持ったら、図書館などで手にとって読むとよいと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

小倉貞男の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×