日本のダムを考える (岩波ブックレット (No.375))

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (55ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000033152

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1995年の本(+講演録)だが、今のダムの問題について、変わらずに当てはまる問題点が指摘されている。
    この時代から、ダムについての疑問が呈されていたにも関わらず、今に至っても、問題点が解決されず、建設が強行されていく現実。
    事実に基づき、冷静に振り返り、謙虚に間違いを把握し、方向を変えることができないものなのだろうか…。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

新潟大学名誉教授。専門は河川工学、河川土木史。川を「社会的共通資本」ととらえ、自然と人の関係、川と人の関係から地域住民の立場を尊重しながら研究。「ダムは要らない!」国の方針に逆らっても学問的信念を貫いた市民河川工学者。NPO 法人新潟水辺の会顧問などを務める。

「2020年 『洪水と水害をとらえなおす』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大熊孝の作品

日本のダムを考える (岩波ブックレット (No.375))を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×