近現代史をどう見るか-司馬史観を問う (岩波ブックレット (No.427))

著者 :
  • 岩波書店
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (63ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000033671

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こんな本を書かなければならない理由が昔はわからなかった。司馬遼太郎は楽しい物語、歴史は歴史じゃん、と思ってたが、前の会社で「坂の上の雲」が歴史の本だ、「明治の人は偉かったんだ!」と信じている若いのが何人かいたのでちょとびっくりした。(彼にはすぐに吉村昭の「海の史劇」を渡して、バルチック艦隊側から見た日本海海戦像を提供。)司馬遼太郎は批判されるべき歴史観が根底にあるとしても、物語作家としては私は好きだ。しょせんは個人・英雄物語であること・意識的にふれていない領域があること(天皇・昭和)を認識していれば、そんなに害があるものではないと思うが、「つくる会」や「自由主義史観」の愚劣なかたがたに「明るい日本史」として利用されているのはなんだかな~。おもしろくもなんともない本だが、よくまとまってて人に薦めやすいので星四つ。

  • 分類=近現代史・歴史観・司馬遼太郎。97年5月。

全2件中 1 - 2件を表示

中村政則の作品

近現代史をどう見るか-司馬史観を問う (岩波ブックレット (No.427))を本棚に登録しているひと

ツイートする