東京裁判 (岩波ブックレット―シリーズ昭和史)

著者 : 赤沢史朗
  • 岩波書店 (1989年4月20日発売)
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :10
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (63ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000034401

東京裁判 (岩波ブックレット―シリーズ昭和史)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全体的には、東京裁判に問題があったことを認めつつも、判決を受け入れ、過去を反省すべきであるという内容。
    分量が少ない割には東京裁判についてわかりやすくまとまっていて、コンパクトに収まっている。
    筆者の思想についてはとやかく言わないが、アジアは怒っているだとか、靖国参拝する政治家を敵視する記述など、純粋に事実を知りたい者にとっては鬱陶しい文章があったのが欠点か。アジアにもいろんな人がいるから怒ってる人もいるだろうし、首相の靖国参拝は賛否もあるけどさぁ…。東京裁判は、意見が分かれる問題だからこそ、学者は感情的にならずに中立的に情報を提供すべきだと思うが。まあ岩波ブックレットという時点でお察し。
    東京裁判は、当事者、当事国の利害を反映させた裁判であったが、敵味方問わず戦争の真の被害者たる一般市民に寄り添ったものとは必ずしも言えないものだったという結論は、納得させられる面もある。

全1件中 1 - 1件を表示

赤沢史朗の作品

東京裁判 (岩波ブックレット―シリーズ昭和史)はこんな本です

東京裁判 (岩波ブックレット―シリーズ昭和史)を本棚に登録しているひと

ツイートする