心身症と心身医学―一精神科医の眼 (叢書・精神の科学 6)

著者 :
  • 岩波書店
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000040068

作品紹介・あらすじ

総合病院の中での精神科医の治療には、身体各位の医師とはまた違った身体への眼があるはずだ。身体医学が切り捨ててきた多くの要因をもう一度再統合することは可能だろうか。人間が精神であり身体である限り消滅することのない心身症という病いに対して、著者は心身症者をひとりの主体的人間として"了解"しようとする。患者への深い理解と、精神療法を中心とした治療の実践を通して、この、人間が人間であることのあかしとしての病いの本質に迫った心身症の「人間学」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 図書館有

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

名古屋大学医学部卒業。
現職: 成田心理療法研究室室長。日本精神分析学会認定精神療法医スーパーバイザー。

著書に『青年期境界例』『精神療法家の仕事』(金剛出版)、『精神療法を学ぶ』(中山書店)、『精神療法家の本棚』(みすず書房) など。

「2023年 『寄り添うことのむずかしさ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

成田善弘の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×