近松への招待 (岩波セミナーブックス 31)

著者 :
  • 岩波書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
感想 : 0
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (355ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000042017

作品紹介・あらすじ

その人と芸術を、演出の変遷、人形、作品解釈、作劇法などさまざまな角度から探る。浄瑠璃へ歌舞伎へと広がる近松の世界への案内。

著者プロフィール

昭和三年、長崎県生まれ。早稲田大学大学院修了。
早稲田大学名誉教授。元早稲田大学坪内博士記念演劇博物館館長。特定非営利活動法人 人形浄瑠璃文楽座名誉顧問。近松門左衛門の浄瑠璃を中心に、能、歌舞伎等、伝統演劇の研究を行う。主な編著書に、『歌舞伎評判記集成』第一期・第二期(共編 岩波書店)、『義太夫年表 近世篇』(共編 八木書店)、『虚実の慰み 近松門左衛門』(新典社)、芸術選奨文部大臣賞を受賞した『元禄歌舞伎攷』(八木書店)、『岩波講座 歌舞伎・文楽』(岩波書店)などがある。


「2017年 『人形浄瑠璃文楽 外題づくし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鳥越文蔵の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×