ボンヘッファーを読む―反ナチ抵抗者の生涯と思想 (岩波セミナーブックス)

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000042215

作品紹介・あらすじ

神学者ボンヘッファーは、反ナチ抵抗運動のメンバーとしてヒトラー暗殺計画に加わり、第二次大戦末期、強制収容所で殉教の死をとげる。三九歳だった。恵まれた境遇をなげうって、あえて死に通ずる道を選んだのはなぜか。その生涯と神学思想はキリスト教会史上だけでなく、人間精神の証人として現代に生きる人びとの心を打つ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ドイツ教会闘争の指導者マルティン・ニーメラーでさえもが、疑似宗教的な熱狂を呼んでいるナチの危険性に当初は気づいていなかった。その一方で若い日のボンヘッファーは批判的な眼差しで見ていたとはすばらしいことである。また、ボンヘッファーが日本の天皇制の危険性を書いているが、ナチ・ドイツの批判の含意を示唆する暗号だった!日本がドイツをモデルにして絶対君主制を築いていったようにドイツ第3帝国(ゲッペルス)もまた日本のヤスクニを羨んでいたのは興味深い話だった。ボンヘッファーが苦難の果てにヒトラー暗殺もやむを得ないと考え罪を引き受けようとしていたことは改めて凄い覚悟だと感じた。彼が1939年にラインホルド・ニーバー宛てにドイツへの帰国を決断した理由を書いている手紙が残っているようで、貴重な記録だと思う。
    そして「愚かさ」が「悪意」よりもいっそう危険な敵であるとの主張はこのナチの時代だからこそ、真に迫ってくる言葉だと興味深く感じる。まさにこの「愚かさ」が集団心理の作用で破壊的行動に結びついていったのだから。そして「成人した世界はいっそう無神的だが、恐らくそれゆえに成人していない世界よりも、神に近い」「<宗教>とは、いわば現実性と<この世>への関わりを失ったキリスト教の倒錯形態である」という逆説的な説明も非常に納得できるのである。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1928年高知県生まれ。東京大学法学部卒業。東北大学名誉教授。長年、学生聖書研究会を主宰して伝道に献身し、自宅内に学寮を建てて信仰に基づく共同生活を指導してきた。著書『政治と宗教倫理』『ナチ・ドイツの精神構造』『十字架とハーケンクロイツ』『権威と服従』ほか多数。

「2020年 『教義学要綱【ハンディ版】』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮田光雄の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×