昭和の短歌を読む (岩波セミナーブックス 71)

著者 :
  • 岩波書店
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000042413

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 昭和の歌壇の移り変わりをつぶさに見てきた著者が、佐佐木信綱から俵万智にいたるまでの短歌100首をとりあげ、その味読の手引きをおこなうとともに、おおまかな流れをえがいている本です。

    斎藤茂吉のように二つの歌がとりあげられている例もありますが、おおむね一人につき一首という原則がとられており、昭和の短歌を歴史をつくってきた主な歌人たちについて一通りの知識を得ることができます。また、単に客観的に昭和の短歌の歴史をたどるのでなく、著者自身の評価が明らかにされているのも特徴です。俵万智の登場を、戦前からのモダニズムや女流短歌の流れとともに、村木道彦などからの広い意味での影響のもとに理解するという枠組みを示すとともに、もう一度短歌の「典型」をつくりあげる必要があるという主張が示されています。こうした著者の率直な評価は、わたくしのようにあまり短歌の世界になじみのない読者にとっても啓発的な内容を含んでおり、興味深く読むことができたように思います。

全2件中 1 - 2件を表示

島田修二の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×