職人歌合 (岩波セミナーブックス―古典講読シリーズ)

著者 :
  • 岩波書店
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000042550

作品紹介・あらすじ

中世に出現した異形の歌合の中に、神仏と人間の関係を読み取り差別の問題を追究する。日本社会の深部を照らす独創的な日本論。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1928-2004年。東京大学文学部国史学科卒業。名古屋大学助教授,神奈川大学短期大学部教授,神奈川大学特任教授を歴任。専門は日本中世史。主な著書に『蒙古襲来』,『中世東寺と東寺領荘園』,『日本中世の民衆像』,『日本中世の非農業民と天皇』,『日本の歴史をよみなおす』,『「日本」とは何か』,『網野善彦著作集』全18巻+別巻がある。

「2019年 『中世の罪と罰』 で使われていた紹介文から引用しています。」

網野善彦の作品

職人歌合 (岩波セミナーブックス―古典講読シリーズ)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×