経済思想 (モダン・エコノミックス 24)

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000043441

作品紹介・あらすじ

この本は、経済理論や経済政策を学ぶ人のために、経済思想を構成する基本要素とその歴史的意味を論じたものである。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 第9回サントリー学芸賞・政治・経済部門

  • 一応、買っておいた。まあ、しばらく読むことは無さそうだが。。。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1945年生まれ。京都大学経済学部卒業。米国マサチューセッツ工科大学大学院修了。大阪大学経済学部教授・学部長を経て、2002年より国際日本文化研究センター教授。2008年、同所長。日本学術会議会員。著書に『戦後世界経済史』(中公新書)、『自由の条件』(ミネルヴァ書房)、訳書にテミン『大恐慌の教訓』(共訳、東洋経済新報社)がある。

「2020年 『なぜ中間層は没落したのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

猪木武徳の作品

ツイートする
×