祝祭都市―象徴人類学的アプローチ (旅とトポスの精神史)

著者 :
  • 岩波書店
5.00
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000043519

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 山口昌男がICU(国際基督教大学)に勤務していたときのことがちょろっと書いてある。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1931年北海道生まれ。アジア・アフリカ言語文化研究所、同研究所所長、札幌大学学長等を歴任。文化人類学者として、西アフリカ、インドネシア、カリブ海諸国等でフィールドワークを行う。道化・トリックスターの分析、中心と周縁理論、近代日本の負け派に着目した敗者学を通じて、国内外の思想界に衝撃を与え、その広い学識は、文学・芸術等の分野にも影響を及ぼした。2013年逝去。

「2015年 『回想の人類学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山口昌男の作品

祝祭都市―象徴人類学的アプローチ (旅とトポスの精神史)を本棚に登録しているひと

ツイートする