蒋経国と李登輝―「大陸国家」からの離陸? (現代アジアの肖像 5)

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000044004

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  97年刊。同著者の01年刊ちくま新書『台湾』と大いに重複する(発行時期からして当然、新書の方が李登輝時代の記述が多めだが)。特に蒋経国とその時代への評価に関心があり読んだ。
     70年代から一定の政治改革、国家エリートとその予備軍への台湾人の登用。美麗島事件などはあるも、80年代初頭に一旦(肉体的に)倒れて復活した後は、目立っていたタカ派の更迭と「安全パイ」李登輝の副総統起用、民進党結成の許容、戒厳令解除など。
     これら変化の背景には、米国の視線もあっただろう。また著者は「変化した現実への体制の妥協」ともする。果たして李登輝が意中の後継者だったのかも不明だ。しかし同時に、蒋経国自身の決断が速かったとの証言も挙げる。「鋭敏さとリアリズムを持ち合わせたストロングマン」「体制の根幹にかかわる決定は・・・ストロングマン自身が下すしかなかった」との著者の評価が印象的だ。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

早稲田大学政経学部教授

「2021年 『台湾の政治 増補新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

若林正丈の作品

蒋経国と李登輝―「大陸国家」からの離陸? (現代アジアの肖像 5)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×