開発と文化 (21世紀問題群ブックス (16))

著者 : 岡本真佐子
  • 岩波書店 (1996年5月24日発売)
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 10人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000044363

開発と文化 (21世紀問題群ブックス (16))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 開発途上国における経済開発と伝統文化の摩擦を、ポストコロニアル的な観点から考察している本です。

    経済開発と西洋的な国民国家の創設を一つのものとして捉える見方はしだいに行き詰まりを見せるようになりました。そして1960年代末になると、「従属論」が多大な影響を持つようになります。これによって、途上国の「低発展」が、先進資本主義国の「発展」と一つながりの現象であることが明らかになり、グローバルな資本主義システムの「周辺」に位置づけられているという歴史的経緯に「低発展」の理由が求められるようになりました。しかし、普遍的発展という西洋中心的な見方を脱してそれぞれの文化の固有性に立てこもることは、新たな問題を生んでいると著者は指摘します。

    具体的な事例をいくつか紹介し、それに基づいて議論を進めていますが、もう少し理論的な背景についても詳しく触れてほしかったように思います。

全1件中 1 - 1件を表示

岡本真佐子の作品

開発と文化 (21世紀問題群ブックス (16))はこんな本です

開発と文化 (21世紀問題群ブックス (16))を本棚に登録しているひと

ツイートする