万葉集 (古典を読む 21)

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000044714

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「万葉集(古典を読む21)」大岡信著、岩波書店、1985.04.30
    269p ¥1,800 (2022.09.08読了)(1985.06.01購入)

    【目次】
    一 『万葉集』を読む前に
    二 時代の背景と『万葉集』
    三 初期万葉の時代
    四 近江朝の唐風文化と壬申の乱
    五 皇子・皇女の歌
    六 柿本人麻呂
    七 柿本人麻呂歌集秀逸
    八 人麻呂以後の歌人たち
    あとがき

    ☆関連図書(既読)
    「万葉集入門」久松潜一著、講談社現代新書、1965.02.16
    「万葉集」坂口由美子著・角川書店編、角川ソフィア文庫、2001.11.25
    「万葉集」佐佐木幸綱著、NHK出版、2014.04.01
    「水底の歌(上)」梅原猛著、新潮文庫、1983.02.25
    「水底の歌(下)」梅原猛著、新潮文庫、1983.02.25
    「人麻呂の暗号」藤村由加著、新潮社、1989.01.30
    「人麿の謎を解く」土淵正一郎著、新人物往来社、1989.11.25
    「大伴家持」佐佐木幸綱著・吉松八重樹絵、さ・え・ら書房、1984.04.
    「悲歌 大伴家持」田中阿里子著、徳間文庫、1991.04.15
    (「BOOK」データベースより)amazon
    神話性をおびた明るさ、大らかな恋、大陸文化の影響、皇統をめぐる確執―。『万葉集』は、激動の古代史のなかで、若々しく生成する一個の生命体ともいえる。現代を代表する詩人は、その感性と直観のすべてをひらいて、この大詞華集のひろびろとした言語世界を味わい、現代にも通じる限りない魅力を本書に凝縮した。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

昭和6年、静岡県三島市生まれ。詩人。東京芸術大学名誉教授。日本芸術院会員。昭和28年、東京大学国文学科卒業。『読売新聞』外報部記者を経て昭和45年、明治大学教授、63年東京芸大教授。平成2年、芸術選奨文部大臣賞受賞。平成7年恩賜賞・日本芸術院賞、8年、1996年度朝日賞受賞。平成 9年文化功労者。平成15年、文化勲章受章。著書に『大岡信詩集』(平16 岩波書店)、『折々のうた』(昭55〜平4 岩波書店)など多数。

「2012年 『久保田淳座談集 空ゆく雲 王朝から中世へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大岡信の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×