近代世界システム 1―農業資本主義と「ヨーロッパ世界経済」の成立 (岩波現代選書 63)

制作 : 川北 稔 
  • 岩波書店
2.60
  • (0)
  • (0)
  • (7)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 46
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000047326

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とにかく疲れる。
    すごく読みにくい。
    途中で時間のムダだと思い、読むのをやめた。
    内容はほとんど頭に残っていない。
    Wikipediaの方が簡潔にまとまっていて良く分かった。

  • 挫折したまま何年も置きっぱなしになってたので、とにかく読んで片付けるぞってことで、苦行みたいにして読み終わりました。感想というかメモは2巻で。

  • 今から読む人なんているのかな… (-ω-)
    じゅうぞく理論と世界しすてむ論に興味のある人はどうぞー(というか必読?)

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1930年生。ビンガムトン大学フェルナン・ブローデル経済・史的システム・文明研究センター所長。イェール大学シニア・リサーチ・スカラー。1994-98年,国際社会学会会長。1993-95年には社会科学改革グルベンキアン委員会を主宰,そこで交わされた討論リポートを『社会科学をひらく』(邦訳1996年,藤原書店)としてまとめた。世界システムの理論構築の草分けとして知られ,『近代世界システム』全4巻の著作は著名。著書に『ポスト・アメリカ』(1991)『脱=社会科学』(1991)『アフター・リベラリズム』(1995)『転移する時代』(共編著,1996)『ユートピスティクス』(1998)『新しい学』(2001)『時代の転換点に立つ』(2002)『世界を読み解く2002-3』(2003)『イラクの未来』『脱商品化の時代』(2004)『入門・世界システム分析』(2006,以上邦訳は藤原書店刊)『ヨーロッパ的普遍主義』(2008, 明石書店)他。

「2015年 『知の不確実性 「史的社会科学」への誘い』 で使われていた紹介文から引用しています。」

イマニュエル・ウォーラーステインの作品

近代世界システム 1―農業資本主義と「ヨーロッパ世界経済」の成立 (岩波現代選書 63)を本棚に登録しているひと

ツイートする