近代世界システム 2―農業資本主義と「ヨーロッパ世界経済」の成立 (岩波現代選書 64)

  • 岩波書店 (1981年10月22日発売)
2.80
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :24
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000047333

近代世界システム 2―農業資本主義と「ヨーロッパ世界経済」の成立 (岩波現代選書 64)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 世界経済は国民経済の集積ではなく、中核・半周辺・周辺という3つの階層化された地域からなる単一の分業体制であるとした世界システム論は、もっとも重要な社会学理論の一つだ。
    1974年に書かれた本書では、ヨーロッパで資本主義的「世界経済」の萌芽が生まれ、16世紀に成立するまでの過程をきわめてつぶさに論じている。
    あまりにも細かく豊富すぎる歴史的記述の多さに、読み通すのはかなり根気がいる、というか、つらい・・・世界システムの理論だけに関心があるなら、はっきりいって2巻目の結論だけ読めば十分。とりあえずポイントだけメモしておこう。
    ウォーラーステインによれば、真にリアルな社会システムとは、広範な分業体制による自給的なシステムであり、そのような社会システムは歴史的には世界帝国と世界経済しか存在しなかったが、ヨーロッパで成立した資本主義的「世界経済」は、単一の政治システムをもたないがゆえに持続的に発展しえたという。
    本書では、14世紀から16世紀のヨーロッパにおいて、閉じた自給的な生産を基盤としていた封建体制の危機から、市場向けの生産のための分業体制が生まれ、「世界経済」が生成されていく過程を記述する。当初はわずかな差異であったものが相互作用によって逆方向へと発展を遂げることによって、相互依存的な経済関係に組み込まれ、ある地域は中核の、ある地域は辺境に位置づけられていくことになったという。
    資本主義的生産システムの根幹とみなされてきた資本―賃労働については、中核地域において規範となっている「自由な賃労働」以外のさまざまな形態の労働管理が辺境や半辺境で用いられることによって相対としてのシステムが機能するのだと指摘している点も重要である。

全1件中 1 - 1件を表示

イマニュエル・ウォーラーステインの作品

近代世界システム 2―農業資本主義と「ヨーロッパ世界経済」の成立 (岩波現代選書 64)はこんな本です

ツイートする