家事労働と資本主義 (岩波現代選書)

  • 岩波書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000047814

作品紹介・あらすじ

自明なものとされている女性の家事労働はいかにして成立したか、まず古い社会の経済における女性の労働と地位、母としての役割の欠如、女性の社会的な力、結婚生活における男性との関係-に焦点をあて、家事労働が資本主義の発展と共に成立、定着してゆく過程を分析する。後半では、家事労働のはらむ問題点を指摘し、人口の過半数を占める女性の生活と労働が考慮されていない経済学のあり様を批判する。西ドイツのフェミニストの野心的な問題提起である。

バーバラドゥーデンの作品

家事労働と資本主義 (岩波現代選書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×