ワルラス経済学入門―「純粋経済学要論」を読む (岩波セミナーブックス (15))

著者 : 根岸隆
  • 岩波書店 (1985年6月28日発売)
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 10人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000048859

ワルラス経済学入門―「純粋経済学要論」を読む (岩波セミナーブックス (15))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 絶版なのが惜しまれる。
    図書館で借りて読んだが、ワルラスの一般均衡理論について、これ以上ないくらい、わかりやすく解説している。1983年に岩波が主催したセミナーの書き起こしたもの。
    ワルラスひとりにとどまらず、「限界革命」を担ったジェボンズとその後継のエッジワ-ス、メンガーの学説も理解しやすい。とくに均衡の存在や、その安定性の説明は秀逸。
    また、ケインズをはじめとする非ワルラス的な考え方なども参考になる。
    新自由主義の大元である新古典派の、最初期の考えを知るには最高の一冊かもしれない。

  • 新古典派経済学の始祖の一人ともいえるレオン・ワルラスの思想をさまざまな学説との比較を交えつつ、わかりやすく説明している。

全3件中 1 - 3件を表示

根岸隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ワルラス経済学入門―「純粋経済学要論」を読む (岩波セミナーブックス (15))はこんな本です

ワルラス経済学入門―「純粋経済学要論」を読む (岩波セミナーブックス (15))を本棚に登録しているひと

ツイートする