荒れ野の40年―ウァイツゼッカー大統領演説全文 1985年5月8日 (岩波ブックレット)

  • 55人登録
  • 4.06評価
    • (14)
    • (5)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
制作 : 永井 清彦 
  • 岩波書店 (1986年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (55ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000049955

荒れ野の40年―ウァイツゼッカー大統領演説全文 1985年5月8日 (岩波ブックレット)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 当時、なぜこの本を手に取ったのかは覚えていない。これを読み、Fier Zeitenのドイツ語本をたしか博多の丸善で見つけ、偶然の大発見に運命を感じ、喜んで買った覚えがあるけど、いや、別の本だったかな。。。

    かみさんが、娘にしきりにヴァイツゼッカー大統領の言葉を伝えているので、書棚から引っ張り出してきました(「過去に目を閉ざす者は現在にも盲目となる」)。

  • ドイツ大統領の演説全文。若い人たちはドイツが東西に分かれていたことも知らない。そんな世代に向けている

  • (2001.08.19読了)(拝借)
    ウァイツゼッカー大統領演説全文 1985年5月8日
    (「BOOK」データベースより)amazon
    「若い人たちにお願いしたい。他の人びとに対する敵意や憎悪に駆り立てられることのないようにしていただきたい。敵対するのではなく、たがいに手をとり合って生きていくことを学んでほしい。われわれ政治家にもこのことを肝に銘じさせてくれる諸君であってほしい…」第二次大戦後40年を迎えたドイツで、対立を超え、寛容を求め、歴史に学ぶことを訴えた伝説的な演説があった―。

  • 心に訴える演説とはなにか。

  • 本文についてはいまさら何も言うことなどないのだけど
    巻末の背景でまた考えさせられます

    だって今私にアリバイはないのだから

  • ヴァイツゼッカー独大統領による名演説。
    「過去に対して目をとじるものは結局のところ現在に対しても盲目」

  • これ、日本の政治家さんはもちろん皆さん知ってらっしゃいますよね?読んでいて、アレなんですかね?と、不信感はずっとぬぐえない。日本は戦後処理が下手すぎる。アジアが不幸なままだ。因みに、数年前来日された時には、喜び勇んで公演聞きに行きました!

  • 西ドイツ首相が戦後40周年の日に行った歴史的名演説。

  • 終戦40年の年にドイツ大統領ヴァイツゼッカー大統領が行った伝説の演説を訳したもの。「過去に対して目をとじるものは結局のところ現在に対しても盲目」というセンテンスはあまりにも有名。歴史学を志す人間で、彼のことを知らない人はいないといっても過言ではありません。

全12件中 1 - 10件を表示

荒れ野の40年―ウァイツゼッカー大統領演説全文 1985年5月8日 (岩波ブックレット)はこんな本です

ツイートする