シンセサイザーと宇宙 (岩波ブックレット)

著者 : 冨田勲
  • 岩波書店 (1986年4月21日発売)
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 13人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (70ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000049993

シンセサイザーと宇宙 (岩波ブックレット)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2014.12.7市立図書館
    のっけからいきなり、指揮が不得手な自分に見切りをつけて、オーケストラという扱いにくい不便なものから自分の自由に音を作れて、やり直すことにも文句を言わない強力な個人持ちのオーケストラとしてシンセサイザーに希望と活路を見出した、という事始め。
    ラジオで聞いた「春の祭典」に衝撃を受け、大枚はたいてアメリカからレコードと総譜を取り寄せて聴きまくり譜読みやオーケストラの構造を学んだ青春時代。灯火管制で星空がきれいだった子ども時代、戦時下で望遠鏡など売っていなくて自作したというエピソードも楽しい。その宇宙少年が宇宙から聞こえてくる音に興味をいだいたというのも自然な流れ。
    この前半部分だけでも、音楽や宇宙に興味あろうとなかろうと一読おすすめ。
    なるほど! そんな富田さんだから、いまもヴォーカロイドと共演するようなパイオニアでいるんだなと納得できるおもしろさとユニークさ。

    後半は、オーストリアのブルックナー音楽祭に招待されて行った野外イベント『マインド・オブ・ザ・ユニバース』の話。
    著書出版当時(1986年4月)はまだ構想でしかなかったけれど、自由の女神百年祭のイベントとして1986年秋にニューヨーク・ハドソン川で行われた『バック・トゥ・ジ・アース』というのはこの本の中で語られている続編(完結編)だったのだろうか、もっとくわしく調べたいところ。
    結びはシンセサイザーの未来について語っているが、はたして30年近くたった21世紀の今、シンセサイザーの新しい演奏法がどんどん開発されたといえるかどうか心もとないと感じた。いまだにパイオニアであり続けるのは富田さんとしてはちょっとさびしいことではないだろうか、という気もする。シンセサイザーは音を生み出すパレットのようなもので「シンセサイザーの音」というものは存在しない、という一文になるほどと思ったが、今も「シンセ=エレクトーンの親玉」ぐらいにしか思っていない人多そうだし。

    追記:気に入ったので書店で購入。2012年に<岩波ブックレット創刊30周年 いま、もう一度読みたい、この1冊>として復刊(増刷)されていた。よかった。

全1件中 1 - 1件を表示

冨田勲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
いとう せいこう
有効な右矢印 無効な右矢印

シンセサイザーと宇宙 (岩波ブックレット)はこんな本です

ツイートする