遺伝子「不平等」社会―人間の本性とはなにか

  • 岩波書店
3.44
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000050524

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人は氏か育ちか・・・

    極論では、氏は遺伝子決定論、育ちは行動主義と
    されているが、実際は、どちらかの要因のみによっては
    決まらずに、多少とも二つの要因の共働作業の結果で
    あることが今はわかっている。

    どちらの要因がより重要なのか、、、
    ヒトゲノムが解読されても、人の行動や形態の構築は
    いまだにわからないまま。

    生物学的遺伝と、社会的名、ジェンダー、教育、
    心、いのちについての、科学者たちの対談・・・主張

    それぞれの主張が強くて、難しくて理解しきれなかった。
    今のところ、氏と育ちかはやっぱり永遠の課題なんだろうな。

  • 問題提起としては面白い。社会学・教育・医療の研究者達の評価はいかに?
    http://www.amazon.co.jp/review/R3GL0FL2WF6U2R/ref=cm_cr_rdp_perm

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1947年生。生物学者。早稲田大学国際教養学部教授。構造主義生物学の立場から科学論、社会評論等の執筆も行う。カミキリムシの収集家としても知られる。『ほんとうの環境白書』『不思議な生き物』『オスは生きてるムダなのか』『生物にとって時間とは何か』『初歩から学ぶ生物学』『やがて消えゆく我が身なら』など著書多数。

「2018年 『いい加減くらいが丁度いい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池田清彦の作品

ツイートする