意識をめぐる冒険

制作 : 土谷 尚嗣  小畑 史哉 
  • 岩波書店
3.97
  • (10)
  • (13)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 178
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000050609

作品紹介・あらすじ

歯がズキズキ痛む。この痛さはどこから来るの?歯髄から脳に送られた信号のせい?そんな説明じゃあ納得できっこない。単に有機物の塊にすぎない脳のどこの何が、この痛いという感じをつくるっていうんだ!そもそもそう悩んでいる、この自分という感覚だって何なのだろう。考えれば考えるほどややこしい。意識と脳の関係なんて解決不能だ…。長年、この問題を追いかけてきた著者の本音。深い真理への挑戦。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 池谷裕二先生が
    「読売新聞」(2014年9月14日付朝刊)で紹介しています。
    (2014年9月14日)

  • 「情報を処理し、なおかつその情報を統合できるシステム」
    あるいは「内在的な情報を生み出すシステム」であれば、
    それが人間の脳だろうと、犬の脳だろうと、虫のであろうと
    ワイヤーとトランジスターで作られた電子回路であろうと
    何らかの意識を持つとする「汎心論」とも言える考え方が
    印象に残る。「意識」は人間において初めて獲得することの
    できた特殊なものではなく、この宇宙にありふれている、
    ごく当たり前の存在だというこの考え方が、なぜかすとんと
    腑に落ちてきた。日本人には割と受け入れやすい考え方なの
    かも知れない。

    ただ、研究は進み知見はどんどん増えているとは言え、意識
    に関する科学的探求はまだほんの端緒を開いたばかり─この
    本を読んでもその思いは変わらなかった。

    あと、これからの哲学者・宗教者は脳科学を押さえておか
    なければ、立ちゆかなくなる、そんなことも思いました。

  • 意識はどこからくるか?かなり刺激的で面白い。科学がどこまでこの世界を明らかにできるのか?神とは?日本の八百万の神の考え方は作者が言う世界に蔓延する意識と何か通じるものがある気がする。突き詰めれば、意識はその入れ物によらないというのも、いつかは人類が到達するかもしれないなんて考えるのも楽しい。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784000050609

  • 意識を科学的に説明しようと20年も頑張ってこられたクリストフ・コッホさんの本。たぶん、一流の科学者の方であろう。しかし、科学について書かれた一般書を読むといつも科学者の方の情熱に感心する。凄いなぁと思う。

    2011年に書かれた本なので、かなり最新の情報が盛り込まれていると思う。コッホさんの考えでは、意識そのものは物理的な世界とは別世界のものではあるが、物理的な世界によって生み出されているということのようである。といっても魂が存在するというようなものではない。

    本書でも触れられていた、ポパーさんとエックルズさんの「自我と脳」を読んでみようと思った。なぜなら、彼らが心と脳は別物で心身二元論を主張していると批判されることもあるが、ポパーさんの主張はそう単純ではなく、むしろ、コッホさんの考えに近いんじゃないかなと思ったからだ。

    それと、科学に関する本なんだけど、なんだかとてもロマンティックで、ところどころでグッと来る文章がに出会えた。いやぁ~いい本だった。

    Mahalo

  • 「意識」に関する最新の研究について紹介した本。
    ディープラーニングの盛り上がりから機械に人格が生まれるのも時間の問題か、みたいな雰囲気になりつつあるけど。知能と意識の間には、まだまだ大きな隔たりがあるのだと気付かされる。

  • なぜ人の意識について研究するのかを著者自身の生い立ちに遡り説明し、宗教や哲学など交え意識とは何かを考察するのを導入とし、臨床医学や、様々な実験結果(人間が手を動かそうとするより先に手が動いているなど)などにより、その考察を深く掘り下げる。本書でも統合情報理論が取り上げられているが、汎心論の進化形と論じ、宗教の話に回帰しつつ、まだ最終理論にはならないと結論付けている。終章では宗教を批判しつつ科学の進歩が意識の謎を解くとしている。似たようなテーマの本を何冊か読みましたが、まだまだこれからの分野のようです。この先が楽しみです♪

  • まさに冒険。「意識の源を探求する最新の研究の現場は、どのような雰囲気に包まれているのか」、脳の複雑さのベールを一枚ずつはぎとる興味深い実験の数々を紹介しつつ、自らの直截な告白が語られる。プリズンブレイクの主人公のように、脳の回路図の入れ墨を肩に彫り込み意識の探求にかける意気込みを示す著者は、幾度も精神的な危機に陥る。師や妻との出会いと別れ。信仰心を失い、肉を食べるのをやめる。突然、死の不安に襲われた時は、世界に存在するすべての驚きとの遭遇に救われる。「今なお私は、この意識をめぐる冒険の真っただなかにいる」

    「ある脳機能が特定の部位に局在する」という考え方は骨相学の再来だと切って捨て、意識の話となると、重要な脳科学の知見をほとんど知りもしないのに展開される好き勝手な言説は徹底批判する。そのため、過去に蓄積された脳科学に関する膨大な知見や、繰り返し触れる基本概念はきっちりと抑えられている。

    しかし、難しい技術の話は早々に切り上げ、ロッククライミング中に崖から落ちた時の話や、息子のTVゲームをして自分が死にゆく運命にあることを実感するなど、自身の体験に話を移す。ひき逃げ事故で後脚が押しつぶされてしまった犬が、獣医の処置により車輪の助けで活発に走り回っているのを見た時、涙を流す話は印象的。犬はもしあの日に車に轢かれなければなどと考えないが、人間は自己を振り返ったり、仮定の状況を考えたりという能力を持ってしまったと概観する。

    例え話も実に多彩で、脳から意識が生じる過程は「まるで魔法のランプからアラジンが出てくるのと同じくらい不思議」と表現し、「煮込み過ぎたカリフラワーのような、茶色と灰色の混ざった脳」や、精神疾患に処方される薬は、「車のオイル交換をするときに、エンジンの外側からドバーっとオイルをぶっかけているようなもの」と結論づける。「すべてのニューロンという楽器はそれぞれ、音を奏でている時も、意識という演奏に参加している」なども心に残った。

    読んでて果たしてそうかなと思ったのは、「進化の過程で意識は洗練されれてきた」という箇所。未来についても、ネットワークに意識が宿る可能性や、意識の内容を電子情報として永遠に保存しようとする技術の開発などに期待を託しているが、先走りしすぎだろう。

    そもそも、意識の真の原因の探索は棚上げにし、「神経科学は意識と相関する神経活動を見つける」ことに今は専念し、「時期が来れば、科学はその疑問に応えられる」としている。いかなる仮説を持ってしても、意識と神経活動の関係性の説明にはなるが、なぜある種のニューロン活動から主観的な意識が生み出されるかを説明することはできないのだ。

  • 特に、自由意思と意識に関わる7章と8章は秀逸。
    意識が創発的な現象であるとする考え方はとても感覚的にわかり易くて受け入れやすいんだけど…それでは許して貰えないらしい。意識の存在することは誰にでにも自明なのに、そこから先へは各界の気鋭が束でかかっても一向にはっきりしないのは何故なんでしょうね…

  • 第一章をさらっと読んだ時は、ハード・プロブレム(心身問題)を中心に扱った、よくある啓蒙本なのかと思った。しかし終章の自伝的な記述を読むに至り、これは脳科学を専門とする著者が私生活で襲われた不思議な感覚ーー人生がいかに「無意識」に支配されているかーーの意味を探ろうと、自らの壮大な研究をもう一度つぶさに解し直した過程を描いた、まさに「冒険」の名に相応しいものであることに気がついた。

    著者の研究自体、「意識」そして「無意識」を還元主義の立場から説明しようとするもの。研究に研究を重ねたはずの対象に、研究外の思いがけないところで悩まされるというのが著者にとっては何とも皮肉だが、この皮肉が終盤立ち上がってきて別の角度からテーマを照らしなおすという効果が本書に特別の彩りを与えている。脳科学を巡るトピックが満載の本書だが、何と言ってもこの読後感がすばらしい。

全12件中 1 - 10件を表示

クリストフ・コッホの作品

意識をめぐる冒険を本棚に登録しているひと

ツイートする