結核と日本人――医療政策を検証する

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000053259

作品紹介・あらすじ

結核-それはHIV/エイズとマラリアに並ぶ、世界の三大感染症のひとつ。2009年には170万人が結核で死亡し、そのうちHIV感染者が38万人、毎日結核で4700人が死んでいる(WHO)。2009年の日本における発生者は、人口10万人あたり19人で、いわゆる先進11カ国中で最悪。厚労省の認識は「世界的に見て、日本は依然として結核中まん延国である」。日本の医学界は結核を克服していない。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2階書架 : W100/TSU : 3410153314

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

東京都立大学卒業、長崎大学教授を経て現在は神奈川大学名誉教授。

「2015年 『3.11が破壊したふたつの神話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

常石敬一の作品

ツイートする